top of page

屋根のカバー工法を低価格で短期施工!

更新日:2023年11月28日



鹿児島市内で鉄骨加工を中心に建築一式工事をしています(株)隼人工業です。


今回はスレート屋根・金属屋根のカバー工法についての記事です。


屋根のカバー工法は、屋根の老朽化や損傷が進んだ場合に、新しい屋根材を上から被せて修復する施工方法です。この方法は、雨漏りを防ぎ、屋根の寿命を延ばすことができるため、幅広く利用されています。また、工場や倉庫の営業を行いながら施工可能なので、お客様の負担も最小限に抑えられます。以下に、屋根のカバー工法に関する詳細な説明をまとめます。

スレート屋根 金属屋根 修理 雨漏り 改修 リフォーム 業者 職人

1. 老朽化した屋根の課題

屋根は外部の気象条件にさらされるため、時間の経過とともに劣化や損傷が生じます。これには風、雨、紫外線、雪などの自然の影響が関与します。鹿児島県内では、桜島の降灰のため、屋久島・種子島・奄美大島などは潮風のため、、屋根材の劣化が進み、漏水や断熱性の低下などの問題が発生することがあります。


2. カバー工法のメリット

屋根のカバー工法は、屋根全体を取り扱うことなく、既存の屋根の上に新しい屋根材を被せる手法です。この方法にはいくつかのメリットがあります。

  • コスト削減: 既存の屋根構造をそのまま利用できるため、解体や撤去のコストが削減されます。

  • 工期の短縮: 取り外し作業が少ないため、工期が短縮され、建物の利用停止時間が最小限に抑えられます。

  • エコフレンドリー: 解体廃棄物の発生が少なく、既存の資材を有効活用するため、環境にやさしい手法といえます

3. カバー工法の手順

屋根のカバー工法は、以下の一般的な手順で実施されます。

  1. 点検と診断: まず、現状の屋根の状態を詳細に点検し、損傷や不具合の特定を行います。

  2. 下地の補修: 必要に応じて、既存の下地に補修や補強を施します。これにより、新しい屋根材のしっかりとした支持が確保されます。

  3. 新しい屋根材の設置: 適切な屋根材を選定し、既存の屋根にその上から設置していきます。これにより、防水性や断熱性の向上が期待できます。

  4. 仕上げと検査: カバー工法が完了したら、仕上げ作業を行い、最終的な検査を通じて品質を確認します。


4. 注意事項:

ただし、すべての屋根にカバー工法が適しているわけではありません。屋根の構造や状態、地域の気候条件などを考慮して専門家の助言を仰ぐことが重要です。また、地元の建築基準や法規にも適合するように工事を進めることが必要です。

まとめ:

屋根のカバー工法は、経済的で効果的な方法で、老朽化や損傷した屋根の対策として広く利用されています。専門家との相談や適切な計画が重要ですが、実施することで建物の寿命を延ばし、快適で安全な屋根環境を確保できます。

弊社隼人工業では、屋根カバー工法を、中間マージンを最小限に抑えた低価格で提供させて頂いております。お見積りは完全無料です。お気軽にお電話下さい。


(株) 隼 人 工 業  099-267-7156


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page